水道修理が必要なお風呂の水のトラブル

毎日使用するお風呂は月日が経つとパーツが劣化し水漏れなどのトラブルを起こします。給水管やシャワーヘッド、浴槽での水のトラブルは多いです。簡単な修理なら工具や部品を揃えて自分で直せますが、お風呂の水のトラブルは自分で対処できるケースが少ないです。水漏れしやすい箇所は決まっているので事前に知っておくと、万が一の時に慌てずに対応できます。

■給水管やシャワーヘッドの水道 修理

お風呂の給水管が壁に設置されている場合があり、給水管にトラブルがあると、お風呂の壁などから水漏れが起きます。浴槽の隅など、台に設置されたタイプの給水管の場合は台から水漏れを起こします。台に設置された給水管の水漏れは、水道修理専用のテープで一時的に水漏れを対策できますが、ほとんどはプロに依頼した方がよいです。
シャワーヘッドは消耗品なので劣化すると水漏れを起こしやすいです。ホースに損傷はないか確認してください。設置方法が間違っていると接続部分から水漏れを起こします。自分でシャワーヘッドを交換する時は、必ずサイズや設置方法を確認してください。水漏れは水道料金も多くかかるため早めに修理しましょう。

■浴槽に関する水道の修理

お風呂の浴槽でも水漏れは起こります。水槽にヒビが入っている、排水口の損傷などは水漏れの原因となるので注意が必要です。お湯をはっても水が溜まりにくい時は、浴槽本体が損傷し水漏れしている可能性があります。
浴槽の水漏れは溜めた水の減り具合でも確認できます。いつもより水の減りが早すぎる時は排水口の損傷を疑ってください。排水口は異物も詰まりやすい部分です。排水口のつまりはスッポンを使えば自分でも対策可能ですが、解消しない時は水道修理業者に依頼し高圧洗浄器を使用してもらうとよいです。高圧洗浄器は排水管内の落ちない汚れを取り除く効果が望めます。

■まとめ
水を使用していないのにお風呂の床が濡れていて水漏れに気づく人が多いです。シャワーヘッドの交換程度ならすぐ修理できますが、給水管に異常があれば壁や台の内側から直さないといけません。部品を揃えるのも大変です。プロに依頼すれば正確にトラブルを解決してくれます。
また、お風呂は水に濡れていても不自然ではないためトラブルに気づかない人も多いです。水道修理業者に点検してもらい排水管の損傷に気づくこともあります。水のトラブルは放置していると被害が大きくなると作業も大がかりになり、修理費用も高くなります。こまめな点検を行い、被害を最小限に抑えましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ