台所の水のトラブルの水道修理

台所では排水管や蛇口で水漏れを起こることが多く、水のトラブルが起きやすい箇所です。排水口の詰まりで水が流れにくくなる場合もあります。排水口はスプーンなどを間違って流す、油が付着すると詰まります。知らない間に詰まりを起こしているケースもよくあるので、定期的に掃除をした方がいいです。酷い時は床から水が溢れ水浸しになり二次災害も起こします。

■台所の水漏れによる水道修理

台所の排水管は損傷しやすい部分なので水のトラブルが起きます。排水管に亀裂が入るとシンクの下から水漏れが発生します。シンク下の排水管は物が当たって破損するケースがあるため、排水管まわりは収納を工夫するとよいです。シンクの下が水浸しになった時は水道修理業者に依頼しましょう。
蛇口部分からも水漏れは頻繁に起こり約10年が寿命とされています。定期的な点検を怠ると蛇口のパーツの損傷に気づけません。台所の蛇口はハンドル混合水栓とシングルレバー混合水栓の2種類あり、小さな部品でできています。蛇口の交換程度なら水道修理業者に依頼しなくても取り替えられるケースが多いです。


■台所の詰まりによる水道修理

台所の排水口は詰まりやすく水の流れを悪くします。水の流れが悪い時は排水口の掃除を行うとよいです。油汚れは水では溶けにくいのでお湯で溶かしながら洗浄してください。排水口の上部に設置されている異物をキャッチする部分は網目に汚れが詰まりやすいので、不要になった歯ブラシで掃除するとよいです。
ただ排水口の奥や排水管内で詰まっている際は、掃除だけで対処できないです。水道修理業者に依頼すればトーラーや高圧洗浄器で汚れなどを掃除してもらえます。排水管の奥で発生した水のトラブルは素人では原因を特定しにくくなります。プロに依頼し精密なスコープで原因を究明してもらうとよいです。

■まとめ
蛇口は劣化すると水をたくさん出した時、接合部分から水が漏れます。水道料が無駄に多くなり、いつも通りの生活が送れずストレスとなります。蛇口を閉めたのに水が流れ続ける症状も多いです。プロに依頼すれば即日で修理してもらえます。
台所の排水管の水漏れは、汚水が床に流れ家屋を傷める原因です。マンションの場合は、下の階の住居へ水が漏れ近隣トラブルにも繋がります。排水管は目に見えない部分なので気づかないうちに被害が拡大している可能性もあります。少しでも異常を感じたらすぐ水道修理業者に点検してもらってください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ