蛇口に関する水道修理

蛇口に関する水道修理 家庭内の水漏れは様々な原因で生じます。なかでも台所やお風呂の蛇口は頻繁に水のトラブルが起こる箇所です。蛇口の周辺で水がポタポタ漏れている時や、ハンドルを回しても水がずっと出続けるなどの症状が見られます。蛇口は年月に比例しもろくなり、固い物にぶつかっただけで破損することもあります。毎日使用している間に接合部分がゆるみ水漏れを起こすケースもあります。はじめはチョロチョロ水が漏れる程度でも、そのままにしていると噴水のように水漏れするため注意が必要です。


■蛇口の異常の見つけ方

蛇口で水漏れしていればトラブルの発生にすぐ気づけます。しかし素人の目では水のトラブルは発見しにくいです。一つの判断基準となるのが音です。蛇口をひねりキーと高音が出る時は内部にあるコマの損傷を疑ってください。ゴトゴトと音がする時は、本体内にあるパッキン損傷が考えられます。
水を止めてなるゴンという音は、ウォーターハンマー現象と呼ばれ給水管で水がぶつかり起こります。一度にたくさん水を使用するとウォーターハンマー現象が起こります。給水管は水圧で亀裂が入るため水はゆっくり出すとよいです。自分で修理しても設置方法を間違えると、再び異音が聞こえ水漏れも完全に直りません。ピンポイントでの損傷ではなく本体自自体が古くなり破損している場合もあるため、水道修理業者での点検依頼を推奨します。

■蛇口の交換に関するポイント
蛇口で起きる水漏れはパッキンなどの取り換えだけで済めば修理が簡単です。ただし接合箇所をきつく閉めると破損の原因となります。逆にナットが緩すぎると接合箇所で水漏れが起きます。
本体と台をつなぐ所から水漏れしている時もあります。損傷が激しい時は本体を丸ごと交換しなくてはいけません。台所やお風呂は混合水栓の蛇口が多く、単水栓は少ないです。メーカーによりサイズや形状が違います。品番によってもタイプが異なるので、説明書を読んで確認しておきましょう。自分で修理をする際は、正しい方法で行ってください。間違った方法で触ると部品を破損させ被害が悪化しやすくなります。

■蛇口 交換の手順

蛇口を交換する際は、事前に必ず止水栓を閉めてください。戸建ての止水栓は庭の地面にあり、マンション等の集合住宅では水道メーター付近にあります。長年触っていない止水栓は固まっているため回しにくいです。水漏れが起きた時も止水栓を閉めるとよいでしょう。力任せに止水栓を回すと破損し止水栓自体を交換しなくてはいけません。次に点検口にあるフレキ管を閉めます。
蛇口本体は上部のレバーから下に向かって順に分解すると外せます。内部にはカートリッジやパッキンなどが設置されています。モンキーレンチやドライバーを使用するため予め工具を揃えておくとよいでしょう。
交換する部品も準備しておきます。蛇口を全て取り外すと給水管から水が流れてくる穴が出現するので、新しい本体を設置します。必ず同じ規定の部品を取り付け安全に作業してください。

■まとめ
蛇口の交換はDIYの知識があれば簡単に行えます。しかし細かな部品が多いので取り外しはできても設置が大変です。適切な工具や部品を揃えなくてはいけません。水漏れの被害を未然に防ぐためにも、1年に2回は点検口などをチェックしましょう。小さな修理を定期的に行えば蛇口も長持ちします。
新しい蛇口には、節水モード搭載タイプがあり、水道代の削減効果が望めます。シャワーヘッドが伸びるタイプなどを設置すると、水回りを掃除しやすくなります。水のトラブルが起きた時が換え時で、快適な生活のために交換するのもよいです。毎日使用する物だから個人のこだわりに合わせて製品を選んでください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース